IPSJ/SIGSE パターンワーキンググループ 告知 ML(本文)

[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

【パターン WG 】 第6回パターンワー キンググルー プ勉強会

※本メールは、パターンワーキンググループが関連するセミナーにて
アンケートにお答えいただいた皆様、パターンワーキンググループの
Web サイトより告知登録をされた皆様に配信させていただきます。

■ IPSJ/SIGSE パターンワーキンググループ第6回勉強会のお知らせ
http://patterns-wg.fuka.info.waseda.ac.jp/study/

ソフトウェアパターンについて,一緒に学んでいきませんか?

情報処理学会(IPSJ)ソフトウェア工学研究会(SIGSE)のパターンワーキング
グループでは,ソフトウェアパターンの理解を深め,パターン技術の普及や
展開をめざして,毎月勉強会を開催しています.

このたび,第6回勉強会を以下の要綱で開催することになりましたので,
ご案内いたします.

今回のテーマは,
テーマ パターン化の試み
 「ホスト系技術者をOO技術者に変身させるためのパターン」
です。

 某SI企業において、2年間にわたって展開された、ホスト系技術者をOO技術者
に変換させる研修(基本は3ヶ月、1ヶ月モデリング特訓)で得られた知見を紹
介し、これが、パターンやパターンランゲージになり得るかを参加者全員で検討
します。

事前申込み不要,参加無料です。
是非皆さんの積極的なご参加をお願いします.

日時: 2004 年 6 月 18 日(金) 19:00 - 20:50
会場: 日本アイ・ビー・エム(株)箱崎事業所
   1階 AVルーム(ロビー・フロア奥)
   http://www-6.ibm.com/jp/ibm/map/hakozaki.html
主催: 情報処理学会ソフトウェア工学研究会パターンワーキンググループ
参加費: 無料
参加資格: 特にありません
参加方法:
 事前の申し込みは不要です. 19:00 までに直接,会場にお越しください.
照会先: patterns-wg-seminar@fuka.info.waseda.ac.jp

プログラム コーディネータ: 上手 裕(DTS)

テーマ パターン化の試み
 「ホスト系技術者をOO技術者に変身させるためのパターン」

1部 背景説明
  発表者: 上手 裕(DTS)
  内容: 配布資料「ホスト系技術者がOO技術者に変身するための最短路」を
もとに、ホスト系の技術者をOO技術者に変換するために、何を考え、どう試行し、
どうまとめたか、を報告します。作成されたカリキュラムは標準化され、300名
程度の適用実績があります。

2部 パターン化解析ワークショップ
  内容:数名のグループに分かれて、報告内容を叩き台にして議論します。
      2グループ程度、解析結果を発表をしていただく予定です。
   2-1 報告内容はパターン、パターンランゲージになり得るのか?
      もっといい方法があるよ!!
   2-2 パターン化できそうな所、弱い所
   2-3 パターン化の例と制約条件

3部 解析結果例の発表
  発表者:家永 英治、天野 勝(永和システムマネジメント)
  内容:背景説明資料を事前に解析した結果を報告します。

--
(社)情報処理学会 ソフトウェア工学研究会 パターンワーキンググループ
http://patterns-wg.fuka.info.waseda.ac.jp/
配信中止は http://patterns-wg.fuka.info.waseda.ac.jp/announce/ まで、
ご意見、ご感想は owner-patterns-wg@fuka.info.waseda.ac.jp までお願いします