第11回東京サブワークショップ(7月24日開催)

第11回東京サブワークショップの開催情報です。

1. はじめに

2010年の12月に第1回東京サブワークショプを開始して以来, 要求定義における課題解決への貢献と,要求工学技術・研究の深耕・発展を目指し,ワークショップ自体で「要求工学」を実践しております. 第11回も,国立情報学研究所にて3部構成のワークショップを開催いたします.

皆様のご参加をお待ちしております.プログラムは以下の通りです.

2. 開催日時

3. 開催場所

ワークショップ会場 国立情報学研究所 20Fミーティングルーム(竹橋/神保町)
懇親会会場 国立情報学研究所20Fセミナー室1(2006室)(竹橋/神保町)
アクセス http://www.nii.ac.jp/access/

4. アジェンダ

13:00~14:00 第一部 事例,および研究発表と討論
  1. 坂本孝博氏(株式会社富士通コンピュータテクノロジーズ)
    「屋内ナビゲーションシステムの要求定義に向けたGoal Directed Task Analysisの適用(仮)」
  2. 滝沢陽三氏(茨城工業高等専門学校)
    「自然言語を用いた顧客による要求定義の支援手法」
14:10~15:10 第二部 位野木万里氏(工学院大学)
「ステークホルダ分析とシナリオ分析演習」
15:20~17:00 第三部 参加型課題討論※1
ステークホルダ分析とシナリオ分析演習

※1

※グループでの演習です。

※筆記用具を持参して下さい。

5. 主催・協賛

6. 事務局:実行委員

東京サブワークショップ

http://www.fuka.info.waseda.ac.jp/rewg-sub/index.html

東京サブワークショップ事務局

rewg-sub-staff[at]ml.twcu.ac.jp
(スパムメール対策のため、「@」を「[at]」と表記しております

7. 参加募集方法

下記フォームにて2015年7月21日(火)までに事務局(rewg-sub-staff@ml.twcu.ac.jp)までメールにてお申し込み下さい.(事務労力削減のため,特に事務局からの返信メールは出しておりません.参加のために,事務局からの返信メールが必要な方は,参加申し込みの備考欄に,その旨,お知らせください.)

-------------------------参加申し込みフォーム-------------------------
東京サブワークショップ(2015年7月24日)に参加します。

※必要な部分を残して下さい。

---------------------------------------------------------------------------

上記情報につきましては次回からのワークショップのご案内に使わせていただきます。